カップル

結婚の内祝いでの留意点

結婚内祝いの贈り物に関しては、色々な礼儀作法がありますので、品物選定並びに贈り方について、しっかりと考えた上で実行することが重要になります。 価格や選定方法等を充分に理解し対処することが大切となります。

香典返し

香典のお返しの予算

香典返しの相場に関しては、よく半返しと言われている様に、 受け取った額の1/3〜半分の額を基準にして、お返しの品物を選択します。ただし、高額の場合などの場合に対して、個別に対応していくことが必要になります。

レディ

要望をリサーチして

彼氏の誕生日プレゼントを考えるときは、彼氏の要望をチェックしてから選ぶようにしましょう。物欲がなかったり、こだわりが強かったりする人も多いためです。思い出を喜ぶ人も多いので、手作り料理や手紙などもおすすめです。

プレゼント

お礼の気持ちを込めて

結婚式の時にお礼として引出物を贈る場合、招待客の誰もが喜んでもらえるアイテムとしてカタログギフトがお勧めです。カタログに掲載されている様々な商品の中から好きな物を選んで注文すると、後日宅配サービスで送ってくれるので、誰もが満足できる引出物を贈ることができます。

お礼と感謝をこめて渡そう

ボックス

ゲストのことを第一に

結婚式に出席したゲストにお礼と感謝をこめて渡す引出物。引出物を渡す側の新婦新婦にとっては、多くの種類があるため悩みの種の一つでもある。そこで引出物の特徴や選択する上でポイントを紹介する。引出物は冒頭でも紹介した通り、ゲストへのギフトでもあるため大切に選びたいものである。しかしならがら地域やゲストによっては伝統を大切にしている箇所もあるため、その点も注意したい。そういった中で最近の傾向と注意したい事を紹介する。まず送る物としては実用的なものを選ぶケースが多い。食器やタオル、お菓子といったものが定番であり、受け取った側も使いやすい。実用的なものを送る際に注意したいのは、個性を強く出しすぎないことである。例えば、食器に名前入れたりするケースやキャラクターものの場合は好みが分かれるため注意したい。また、引出物としては縁起物を入れるケースも多い。代表的なものは鰹節や赤飯等があげられる。伝統を重んじる場合や地域性によって喜ばれるものとなる。縁起物で注意したいのは地域それぞれで違うことである。これは事前に家族等に相談し、確認したいポイントである。また、最近ではカタログギフトも引出物として好まれる。カタログギフトは受け取った側で好きなものを選択できる点、披露宴からの帰宅時に大きな荷物を持ちかえらずすむといって利点がある。一方でカタログギフトのみの場合、贈り物として気持ちがこもっていないという心象を与える可能性もある。引出物は一つと決まっているわけではないため、地域性や予算と相談してこれらを組み合わせて送りたいものである。なにより大事なのはゲストに送るプレゼントのため相手のことをまず第一に考えたい。