香典のお返しの予算

香典返し

原則と個別の対応について

香典返しの予算に関しては、受け取った金品の半分の額、つまり半返しが大原則となります。香典については突発的な不幸並びに出費に対しての互助の意味があることから、受け取った香典と同一の額の品をお返しする必要性はないといえ、その半分の額が基準となっていますので、しっかりと理解しておく必要があります。 もともとは忌明けに贈呈するものですが、近頃では葬儀当日において、香典返しを行なう当日返しもよく見受けられます。そういった場合は3000円程の品をお渡しする人が多いと聞きます。こうした時、受け取った香典が6000円迄ならば、当日返しが半返しの3000円となります。ですので、それを超えるお返しは必要ありません。 しかしながら、香典返しの倍額をオーバーする6000円よりも高額の香典を包んでいただいた参列者に対しては、忌明けにおいて改めて差が出た分をお返しすることが求められます。仮に受け取った香典が10000円ならば、半返しは5000円ということになります。もうすでに3000円の当日返しを行なっているので、残っている2000円相当分の商品を香典返しという形で贈ることになります。 ただし、身内もしくは親族、目上の方などより高い額の香典を受けた場合、必ずしも半返しを行なうことは必要ありません。故人や遺族に対しての気持ちという形で受け取って、その3分の1或いは4分の1程の香典返しを行なっておくことをおすすめします。それから後は折々の挨拶のタイミングに、段階的にお返しをしていけばよいといえます。